2005年02月08日

佃のつくだに屋さん

佃.jpg


平日の午前中(運がよければ土曜日も)に佃大橋の川上側を散歩していると、なんとも言えないい匂いがして来ます。
お醤油、みりん、お砂糖、プラスアルファ・・・。
このプラスアルファがアミだったり、葉唐辛子だったり、エビだったりするわけですが、とにかく食欲をそそられるたまらん匂い。

そうです。佃の佃煮屋さん。
つくだに発祥の地、佃には3件の佃煮屋さんが営業しています。
橋から近い順に「田中屋」「天安」「丸久」。

一番創業が古いのが「天安」、味はやや塩辛めだった気がする。
それに比べて、となりの「田中屋」は甘めだったはず。
(わー、でも自信がない。逆だったらごめんなさい・・・・)
「丸久」は買ったことないので、よくわかりません。

お勧めはシラスやアミなどの小魚。
おにぎりの具に最適です。
隅田川の川原で食べるとさらにおいしさアップしそうですね。
posted by amam <あむあむ> at 14:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 買う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

水曜 両国資料館巡り
Excerpt: 今週末は待ちに待った三!連!休! ちょっと寒いの我慢して、下町両国に出かけてみま...
Weblog: ランク丼 RANK-DON!
Tracked: 2005-02-09 14:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。