2005年04月11日

もんじゃ屋さんはいい店ばかりとは限らない

月島で生活を始めて、結構いろんなもんじゃ焼き屋さんに食べに行きました。
お気に入りのお店も出来てるんですけど、いつも同じお店に行くのもつまらないので新規開拓は常に心がけています。

ってわけで、今回はNというお店に初挑戦しました。
なぜNに行ってみたいと思ったかというと、ちょっと名の知れた食に関するエッセイスト氏がこの店のことをとりあげていたから。
このエッセイスト氏が推薦する店としてじゃなくて、知り合いに聞いたらNを薦められたということではあったんですが・・・。

さて、問題の店Nはかなり古い感じのお店。
相当昔から営業してたと思われ、建物も内装も相当使いこんだ感じ。
壁もふすまも油煙で茶色に染まっています。

どこのお店も毎日の営業で油煙だらけになるのは仕方ないのですが、このNという店はどうもお手入れ自体を怠ってる感じ。
トイレも、近くの厨房もだらしなくモノが散乱しています。
このあたりから、既にいやな予感。

もんじゃは、他店に比べると値段の割には量が少なめです。
しかも具材が少ない。豚もんじゃなのに豚肉ケチるなよ!
これを書くとわかるヒトにはお店の特定が出来てしまうと思いますが、その店のスペシャルとしているキャベツの代わりにたまねぎを使ったもんじゃもイマイチでした。
一応、私ひとりだけでなく、いっしょに行った友人4名ともそう感じたようです。

せっかくビールはエビスを使っているのに、これじゃ台無しですよね。
友達にも怒られて散々でした。

同じメニューで70店舗あまりが勝負をしているので、お店の姿勢や努力がしっかり出てしまうものなんだなーと感じさせられて帰ってきました。

posted by amam <あむあむ> at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。