2005年04月18日

深川江戸資料館

深川江戸資料館.jpg



月島から大江戸線で2駅。バスだと7,8つぐらい目のバス停に清澄白河という駅があります。
清澄庭園があって桜の名所だったりします。
もちろん、庭園そのものも美しいらしいです。

今回は、ちょっと駆け足で「深川江戸資料館」を覗いてみました。
入館料300円を払って入館すると、江戸時代の年表、その時代、江戸で生きた絵師や文化人の肖像画などが展示してあります。

この部屋を抜けると、江戸時代の町並み、建造物が再現された広場になっています。
屋根は開閉式で昼の風景、夜の風景が数分?おきに楽しめます。

で、この施設のいいところはこれらの展示物(建物)の内覧が可能なところです。
江戸の庶民の家にお邪魔できてしまう。
八百屋だったり、鍛冶屋だったり、いろんな職業のヒトの家があるんですが、食器やら商売道具やらが結構リアルに出来ていています。

これ、ちょっとした映画のロケとかに使えそうです。
っていうか、友達同士で江戸の町人ごっことかしたら盛り上がりそう(笑)
果たしてそんなことして怒られないかどうか不安ですが、ちょっと試してみたいものです。



なお、この資料館の近くには、深川めしを食べさせてくれるお店や佃煮を売ってるお店が数件あります。
今回は時間がなかったけど、時間のあるときにぜひ楽しんでみたいものです。

posted by amam <あむあむ> at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。